お金・懸賞・ポイ活

[EN]【2回目】(換金動画有り)またまたスクラッチで1等当たった!!今度は50万円

本記事の内容、画像を転載、YouTube動画にすることを禁じます。YouTubeに利用した場合は、広告収入分を請求します。

実は、スクラッチでまたまた1等が当たってしまったのです・・・

エンディ
エンディ
トリ吉
トリ吉

え!?またですか!!!?

このたび、ちびまる子ちゃんスクラッチで1等が当たりました!!しかも実は2回目の当せんなのです。
またもや当せんということで例によって換金レビューを書きます。

前回1等(300万円)に当せんした話

昨年ちびまる子ちゃんスクラッチで1等300万円に当せんした時のお話がこちらです。

億レベルではないけど、300万円当たるってなかなかないよね・・・

エンディ
エンディ

2回目の1等(50万円)当せん

今回は換金の様子をちょっとだけビデオに残しました。

いかがでしたでしょうか。当たったスクラッチはちびまる子ちゃんがじゃんけんするというタイプのものです。

まる子が出した手に対して相手8人を負かした数で当せん金が決まります。

1等当せんのスクラッチくじ

まさか削って全員に打ち勝つとは思いませんでしたが、じゃんけんマスターのちびまる子ちゃんはこちらです。

換金の様子

ここからは、動画から静止画を切り出して説明していきます。

10万円超えた当せんですので、みずほ銀行の支店窓口に行って換金してきました。

換金前にチャンスセンターで当たっているか調べてもらいます。

スクラッチの場合お店の人が削る箇所があり、出てきたバーコードをかざして当たりを確認するので、換金前に寄ることをおすすめします(窓口でも確認してもらったか聞かれました)。

高額当せんすると、モニタ表示はこのようになります。モニタの種類によっては赤く点滅するところもあります。

チャンスセンターではこのような明細書をもらえます。

チャンスセンターで確認してもらったらみずほ銀行支店窓口に行きます。受付で宝くじに当たったことと金額を伝えると申請用紙を渡されますので記入します。

100万円を超えた時は住所氏名から当せんの秘訣、共同出資か否か等かなりの項目を記入した覚えがありますが、今回は50万円ということもあり、記入したのは住所、名前、電話番号と金額くらいでした。

記入した後は預金の窓口の人に用紙と免許証(身分証明書)渡し、15~20分程度待ちます。

その後呼ばれていくと、トレーの上に50万円出された状態で普通に渡されました。

ちなみに前回300万円の時はおばちゃん行員が「スクラッチ当せん、おめでとうございます!」と元気よく言ってきたので困りましたが、今回はまったく何も言われませんでした(一安心)。

当せん金

換金した当せん金です。50万円だと管理職のサラリーマン給与くらいでしょうか。

当せん金の使い道

50万円の使い道ですが、実家で買っている猫が悪性腫にかかってしまい摘出手術に20万円かかるという時に運よく当せんでしたので、手術代に充てました。

残りは家族で山分けしました。

あとがき

まさか2年連続で1等当せんするとは思いませんでした。一応当たるコツというか生活環境や買い方なんかも関係してくるのかなと思いますので、次回紹介したいと思います。

aaa

-お金・懸賞・ポイ活

© 2020 ENDY Me!!!