お金・懸賞

[Ёп]10万円でできるかな?どころではなく2000円でスクラッチ1等(300万円)当たった!

受け取り手順

さて、そんなこんなでスクラッチに1等当せんしてしまった僕ですが・・・

スクラッチは10万円を超えるとみずほ銀行に出向かないといけないのです。しかも手続き、受け取りで合計2回も・・・

とりあえずみずほ銀行へ


仕方がないので、都会に住む僕が会社を休んでみずほ銀行へ行きました。

300万円の紙切れをハンドキャリー・・・銀行に行く日は緊張感MAXでした。家を買う頭金とか車を現金一括で買う人も同じ気持ちなんでしょうか。

窓口でおそるおそる聞く

銀行に着いて、入り口の案内係の人に「宝くじの当せんなんですが・・・」と伝えると、察したように小声で「おめでとうございます。」と言われました。そして、ある紙を渡され記入するように言われました。

それが高額当せん宝くじ支払請求書(100万円超)です。

支払請求書類に記入する


これはめったにお目にかかれない書類ですね。高額当せん宝くじ支払請求書(100万円超)

住所氏名などの他に宝くじの下の整理番号や買った売り場、個人かグループか等いろいろ記載するところがあります。


これも不思議なアンケート(笑)買った動機やゲン担ぎでやっていること、当たる秘訣は?など笑ってしまう質問がたくさんです。

普通に預金窓口に並ぶ


宝くじとは言えど預貯金の窓口で待ちます。待っている時も、狙われている気がしてなりませんでした。

しばらくして窓口から呼ばれ、書類と当せん券を出して手続きが進みます。

今日は1度目なので手続きだけです。当せんしたスクラッチは本部に送って鑑定されるそうです。この日は預かり証いう紙をもらっておしまいでした。

またこの紙を死守する日が続くのが大変そうです。

次のページでいよいよ当せん金受け取りですよ。わくわくです。

次のページへ >

-お金・懸賞

© 2020 ENDY Me!!!