気になる話題・トレンド

[Ёп]【間違えやすいので注意】LINEスタンプを作って収益化される手順と収益化されない手順

先日、ブロガー、フリーランス界隈のインフルエンサーコロブ氏(@korobl0g)のこんな発言がバズっていました。

どうやら、コロブ氏はLINEスタンプを作って販売したけど、収益化できなかった!!ということらしいです。

140文字の制約で、これを見た人はLINE最悪、詐欺だ!と思う人が多いのですが、必ずしも収益化できないわけではないのです。

というわけで、LINEスタンプを作って販売した時に、収益化できる手順、できない手順の違いを説明します。

LINEスタンプの申請、登録方法

LINEスタンプの申請・登録方法は大きく分けて2つあります。

1つ目は、スマホアプリの「LINE Creaters Studio」を使って申請する方法、2つ目がWebサイト「LINE Creaters Market」を使って申請する方法です。

似たような名前で、できることも似ていますが、特徴はこんな感じ

LINE Creaters StudioLINE Creaters Market
スマホだけで作れる?
自分は無料でダウンロードできる?×
収益化できる?×
審査期間は?即日~10日程度
LINE Creaters StudioとLINE Creaters Marketの違い

●LINE Creaters Market
LINEスタンプを販売申請するためのWebサービスです。元々はこれしかありませんでした。

●LINE Creaters Studio
元々、プライベート用途で使うLINEスタンプを作れるアプリとして登場しました。

非公開で登録することもできますし、全世界に販売もできるので、(最初は)そこから収益化すればお金が入ってくるような感じでしたが、

・ペットや子供の写真などでも手軽にスタンプ化させよう!という雰囲気
・スマホだけでスタンプを作ろう!な雰囲気

というように手軽にスタンプを作ろう、というコンセプトのため、規約が変更されて、作った本人が無料で使えるかわりに、収益化されなくなったのです。

2つを表にするとこんな感じ。

なので、お金を稼ぎたい、収益化したいという人は必然的にMarketを通して申請、販売する必要があります。

これがなかなかパッと見て分りづらいんですよね。なので、今回のコロブ氏のように、LINE Creaters Studioで作って販売した後に収益化できないことに気づくクリエイターが多いのです。

パッと見て分からないのはLINE側にも問題がありますが、個人的には両者の違いを理解していれば作りやすいと思います。

自分の顔のスタンプをこっそり作って自分だけ使う
ペット、子供のスタンプを作って、家族内でだけ使う

こういう時は、無料でDLできますし、審査もゆるいので規約変更の恩恵を受けられます。

とりあえず結論

LINEスタンプを売って収益化、お金稼ぎしたいなら「LINE Creaters Market」から登録、申請しよう!

お金にならなくてもいい、自分だけ使うスタンプが作りたい場合は「LINE Creaters Studio」アプリから登録、申請しよう!

全部が全部1円も入ってこないわけではないので、誤解されることのないように!

-気になる話題・トレンド
-

© 2020 ENDY Me!!!